スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 L3/33 CV33 組み立て補足

WF2016夏で当ディーラーのCV33をお買い上げくださいましてありがとうございました。

キットの組み上げに関して、ダボ形状と外観から組めるよう設計しておりましたが、
やはり難解な部分がありましたので、組み立て補足記事になります。

以下、組図になります。

cv33_setsumei_1のコピー

cv33_setsumei_2のコピー

cv33_setsumei_3のコピー

また、履帯の上下、間隔調整パーツの位置関係は下の写真のとおりです

DSC_0505.jpg

DSC_0507.jpg


また、履帯には複製時の都合で、バリが生じ、本来の形状がわかりにくくなっている場合がございます。

バリの部分はしたの写真の赤線の部分です。
ritai_bariのコピー

外側のコの字状のバリは、コの字の両側にナイフで切れ込みをいれ、最後にコの字の奥側を
0.2mmのBMCタガネなどで押し切ります。

ritai_bari_2.jpg

DSC_0494.jpg

DSC_0495.jpg


履帯中央の、起動輪のツメが噛む穴は、0.5mmのドリルなどで穴を開けてから、ナイフで四角に成型するとやりやすいです。

DSC_0497.jpg

DSC_0498.jpg

履帯の巻きつけは、慎重なすりあわせが必要です。
うまく届かない場合は、転輪や履帯裏を削ったり、ドライヤーで暖めながら巻きつけてください。


以上、組み立て補足になります。
お待たせしてしまい、申し訳ございません。

またご質問等ありましたら、プロフ欄のアドレスまでご連絡ください。










スポンサーサイト

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。